ホーム > 分析ツール > Google analyticsアクセスフィルタ活用、共有可能なカスタム集計

Google analyticsアクセスフィルタ活用、共有可能なカスタム集計

サイト内の特定のディレクトリだけアクセスデータを集めたいケースは案外多いかと思います。Google analyticsのフィルタ機能を使って、ディレクトリごとにアクセスデータを集計する方法をご紹介します。

※このページは過去記事「Googleアナリティクスで一部のディレクトリのみ共有する方法」の補足記事です。

Google analyticsアクセスフィルタ活用、共有可能なカスタム集計のアイキャッチ

特定のディレクトリのみアクセス解析する

はじめに、おおまかな流れについて確認しておきましょう。まず、ビューを作成します。そのビューにおいて、特定のディレクトリのみデータを収集するフィルタをつくります。

使うのはGoogleアナリティクスの設定のみなので、難易度はそれほど高くはありません。ビギナーの方にも、ぜひチャレンジしていただければと思います。

※なお、フィルタをかけていないビューは必ず残しておくようにしてください。フィルタをかけるとデータが加工され、元に戻すことができません。注意してください。

1.アナリティクス設定へ

それでは見ていきましょう。Googleアナリティクスにログインしたら、画面上部の「アナリティクス設定」をクリックしてください。

アナリティクスフィルタ設定01

2.ビューを作成する

設定画面が表示されました。右側にビューを設定する列がありますので、ビュー選択のドロップボックスをクリックして、「新しいビューを作成」を選択してください。

アナリティクスフィルタ設定02

 

ビューの作成画面がひらきました。ビューの名前とタイムゾーンを選択して、「ビューを作成」をクリックします。

アナリティクスフィルタ設定03

 

ビューが作成されました。

アナリティクスフィルタ設定04

3.フィルタを作成する

次に、作成したビューを選択した状態で、「フィルタ」メニューを選択してください。

アナリティクスフィルタ設定05

 

フィルタの一覧画面が表示されたら、「+ フィルタを追加」ボタンをクリックします。

アナリティクスフィルタ設定06

フィルタの作成画面が表示されました。フィルタ名とフィルタの種類欄に入力・選択していきます。

アナリティクスフィルタ設定07

「定義済み」タブを選んだ状態で、下記のように選択していってください。

  • フィルタの種類を選択: 右のみを含む
  • 参照元かリンク先を選択します: サブディレクトリへのトラフィック
  • 式を選択します: 等しい

「サブディレクトリ」欄には、このフィルタでアクセス解析をしたいディレクトリを入力します。下記の画像のようになったでしょうか。

アナリティクスフィルタ設定08

フィルタ作成を完了する前に、フィルタ結果をテストしておくこともできます。上で述べたように、一度フィルタをかけたら元には戻せません。事前にテストしておいた方が安心ですね。フィルタの作成画面下、「このフィルタを確認する」をクリックしてください。これで確認ができます。(ただし、アクセスデータが少ない場合は確認ができません。)

フィルタ内容の入力・選択が完了したら、「保存」をクリック。フィルタが作成されました。

アナリティクスフィルタ設定09

これで設定は完了です。ダッシュボードからこのビューを選択すれば、特定のディレクトリのみのデータが確認できます。ただし、すぐには設定内容が反映されたデータは閲覧できません。数日かかる場合もあるので、余裕を持って設定しておくとよいでしょう。

フィルタをもっと活用する

フィルタには、その他にも便利な活用方法があります。便利な使い方を3つご紹介しましょう。

特定の地域のアクセスのみ集める

フィルタを使うと、特定の国からのアクセスに絞ったデータが確認できます。例えば日本国内に限ったクセスを見たい場合は、フィルタフィールドに「国」、フィルタパターンに「Japan」と指定します。国だけでなく、地域や都市、言語でフィルタをかけることも可能です。

関係者からのアクセスを除外する

サイト関係者からのアクセスを除外することもできます。フィルタの種類として「IP アドレスからのトラフィック」を選択し、除外したいIPアドレスを指定します。除外したい関係者が複数人の場合は、その分だけフィルタを追加する必要があります。

スパムを除外する

リファラースパムなど、ウェブサイトには日常的にスパムが訪問してきます。正しいアクセス結果が得られないだけでなく、セキュリティ上の問題もあります。フィルタを使うと、こういったスパムをアクセス結果から除外することができます。スパムのドメインを除外対象として、フィルタを作成しましょう。

あとがき

フィルタを活用することで、アクセス解析を効果的に進めていくことができるようになります。マーケティングやSEO対策などと組合せながら、効果の上がるウェブ施策を行っていってください。

資料請求・ご相談はこちら!