ホーム > 分析ツール > 【Google Analytics】カスタムレポートの基本的な使い方について

【Google Analytics】カスタムレポートの基本的な使い方について

Analyticsを使用してより効果的な分析をするためには、カスタムレポートは欠かせない機能です。本稿ではカスタムレポートの作り方や共有方法など、基本的な使い方をご紹介します。

Google Analyticsカスタムレポートの作り方と共有のアイキャッチ

カスタムレポートとは?

非常に高機能なツールであるGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)のダッシュボードとなるのが、レポート画面です。カスタムレポートは、このレポート画面に表示する項目を自由に設定できる機能のこと。

必要な情報だけに集中して閲覧できることが、最大のメリットです。データの取捨選択によって、より効果的なアクセス分析ができるようになります。

作成したカスタムレポートは、他のユーザーと共有することもできます。チーム内やお客さま、業者ともアクセスデータを共有できるので、SEOやマーケティング施策の立案に集中できるようになります。Google Analyticsを使っているなら、ぜひとも活用していきたい機能です。

カスタムレポートの概要については、下記の公式サポートページにも解説があります。併せてご覧いただければと思います。

カスタム レポートについて – Analytics ヘルプ

カスタムレポートの基本的な使い方

1.カスタムレポートをつくる

カスタムレポートの作成方法です。Google Analyticsにログインしたら、画面上の「カスタム」をクリックします。

カスタマーレポートの作り方01

 

カスタムレポートの一覧画面が表示されます。
下図では、まだカスタムレポートは0件ですね。画面上部に「+ 新しいカスタムレポート」ボタンがあるので、クリックしてください。カスタムレポートの作成画面が表示されます。

カスタマーレポートの作り方02

 

レポート内容を入力/選択して、保存をクリック。これでカスタムレポートの作成は完了です。

カスタマーレポートの作り方03

入力項目にある指標グループとは、PVやセッション、滞在時間などのアクセスデータのこと。ディメンションとは、地域や時間帯などのデータ区分をあらわします。タブやカテゴリなどの機能もあるので、うまく管理に利用してください。

2.カスタムレポートを共有する

作成したカスタムレポートを、他のアカウントにシェアする方法です。
自分で作った「テンプレートのみ」共有する機能なので、使いこなせるまで使う機会はあまり無いでしょう。

共有するには、カスタムレポートの一覧画面をひらいてください。作成済みのレポートの横に、「操作 ▼」ボタンがあります。ここをクリックして、表示されたメニューの中から「共有」を選択します。

カスタマーレポートの作り方04

 

下図のダイアログが表示されます。「テンプレートのリンクを共有」を選択した状態で、ダイアログ下の「共有」をクリックしてください。

※「ソリューション ギャラリーで共有」については、後述します。

カスタマーレポートの作り方05

 

表示されたURLをコピーして、カスタムレポートを共有したい方に送りましょう。このURLに接続することで、カスタムレポートがインポートできます。

カスタマーレポートの作り方06

3.カスタムレポートをエクスポートする

こちらはテンプレートを使用してアクセスデータを共有する方法です。

(1)PDFなどの形式でダウンロードする方法

作成したカスタムレポートは、PDFやCSVなどのファイルでダウンロードすることもできます。作成したカスタムレポートを表示した状態で、画面上部の「エクスポート」をクリックします。ダウンロード形式が表示されたでしょうか。

カスタマーレポートの作り方07

ファイル形式をクリックすると、ダウンロードがはじまります。

(2)メールで送信する方法

指定したメールアドレスに、定期的にカスタムレポートを送信する方法です。エクスポートしたいカスタムレポートを表示した状態で、「メール」をクリックします。

カスタマーレポートの作り方08

表示されたダイアログで、宛先や送信頻度を選択して「送信」をクリック。作成したカスタムレポートの形式で、定期的にGoogle Analyticsのデータが送信されます。

カスタマーレポートの作り方09

4.ソリューションギャラリーを使う(おすすめ!)

Google Analyticsには、公式のギャラリーであるソリューションギャラリーがあります。

世界中で公開されているカスタムレポートを検索、インポートすることができます。カスタムレポート作成にはそれなりに手間がかかるので、条件に合うテンプレートがあれば積極的に利用していきましょう。

ソリューションギャラリーはこちら

(1)ソリューションギャラリーの使い方

カスタムレポートの一覧画面から「ギャラリーからインポート」をクリックしてください。Google Analytics内からソリューションギャラリーに接続、カスタムレポートのインポートができます。

カスタマーレポートの作り方10

(2)おすすめのカスタムレポート3選

最後に、ソリューションギャラリーで公開されている、おすすめのカスタムレポートを3つご紹介しておきましょう。

New Google Analytics User Starter Bundle(The Google Analytics Team)

Google Analyticsのビギナー向けのカスタムレポート。広範囲のデータが閲覧できるようつくられているので、アクセス解析の導入時や独自レポートの雛形としても利用できますね。

このレポートをインポートする

集客分析レポート(小川卓氏)

サイトの流入元に特化したカスタムレポートです。課題となっている流入や、CVにつながっている参照元などをチェックすることができます。

このレポートをインポートする

Keyword Analysis Report(Martin Reichenbach氏)

キーワード分析に特化したカスタムレポート。キーワードごとにアクセスデータを確認することができます。
このレポートをインポートする

(3)ソリューションギャラリーへの共有

作成したカスタムレポートは、ソリューションギャラリーにアップロードすることも可能です。カスタムレポートの一覧画面から、アップロードしたいレポートの「操作」から「共有」をクリック。表示されたダイアログで「ソリューション ギャラリーで共有」を選択して共有します。

あとがき

カスタムレポートを活用することは、アクセス解析で効果を出すことに直結します。Google Analyticsをもっと快適に、効果的に使っていきましょう。

資料請求・ご相談はこちら!