ホーム > サービス一覧 > コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

新規・潜在顧客の区別なく、ユーザー全体に対してコンテンツを提供して
購買に結びつけるマーケティング手法のことを
「コンテンツマーケティング」「コンテンツSEO」と呼びます。
「“文章、画像、映像などを活用して、新規顧客の開拓などにつなげたり、サイトのブランド価値を高めていく。商品を宣伝する広告とは一線を画し、優れたコンテンツで消費者の共感を得ることで、競合との差異化につながるとの期待が高い。
企業や製品のブランド価値を高める手法として広がりそうだ“」
※参考URL:日本経済新聞・日経MJ Web Marketing 2014年2月19日記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF1403D_U4A210C1H1EA00/

コンテンツマーケティングの目的

①新規顧客の獲得
コンテンツマーケティングによって得られるのは、すでにサイトを利用し、定期的に情報の確認や商品の購入を行う「既存顧客層」だけではありません。サイトを確認したことがなく、情報のみを探している「潜在顧客」を新規顧客層として獲得することが可能となります。
潜在顧客とのコミュニケーション

LP_05_2

潜在顧客を新規顧客に押し上げるためには「満足感を得られる情報の配信」が不可欠です。ユーザーが欲している情報を分かりやすく「伝える」ことを何よりも重視しなければなりません。潜在顧客とコミュニケーションを図ることで「サイトへの信頼感」を向上させます。この信頼感は、広告のような「一方通行の発信」だけでは表現することができません。企業が伝えたい情報を発信する広告に対し、コンテンツマーケティングは「ユーザーにとって役立つ情報」を発信するため、ユーザーからの支持を獲得しやすくなります。
③SEO対策の底上げ
従来では、外部リンク中心の検索順位にばかり目を向けたSEO対策が行われていました。しかし現在では「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」など、Googleによる技術革新によって、WEBサイトとしての「質」が何よりも重視されるようになっています。そのため、記事内容に重きを置くコンテンツマーケティングに注目が集まっているのです。さらにコンテンツSEOでは、高品質な記事を維持しつつ、商品に直結するキーワードを記事に盛り込むことができます。例えば「スキンケア」といったキーワードを主軸にする場合、「肌荒れ」「洗顔」「クレンジング」のようにユーザーが検索することの多いキーワードを取り入れてコンテンツを作っていくのです。これによって、従来の「手数」にのみ注目したSEO対策では得られない効果を実感できます。

他の広告との比較

LP_05_3

従来では、外部リンク中心の検索順位にばかり目を向けたSEO対策が行われていました。しかし現在では「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」など、Googleによる技術革新によって、WEBサイトとしての「質」が何よりも重視されるようになっています。そのため、記事内容に重きを置くコンテンツマーケティングに注目が集まっているのです。さらにコンテンツSEOでは、高品質な記事を維持しつつ、商品に直結するキーワードを記事に盛り込むことができます。例えば「スキンケア」といったキーワードを主軸にする場合、「肌荒れ」「洗顔」「クレンジング」のようにユーザーが検索することの多いキーワードを取り入れてコンテンツを作っていくのです。これによって、従来の「手数」にのみ注目したSEO対策では得られない効果を実感できます。

コンテンツ制作の流れ

1
スケジュール
御社と当社で「目的を共有すること」を何よりも優先しなければなりません。そのため、ヒアリング・プランニングによって、目的の達成を目指します。
ヒアリング
目的を達成するために「ターゲット」や「テーマ」を共有し、どのようにコンテンツを配信していくかをマーケティングサポート+ライターのチームで形にしていきます。
マーケティング
競合、トレンド、市場ニーズ、ユーザーの声、SNSを駆使し、情報の収集を行います。
プランニング
マーケティングによって得た情報を元に、実際に作成するコンテンツや配信スケジュールを定めていきます。
以上のプロセスを経由し、実際にコンテンツを制作。
その後、「効果の検証」や「振り返り」を行っていきます。

LP_05_4

制作開始前にヒアリング・打ち合わせを行い、配信テーマやキーワードの抽出、現状でアクセスが集まるページをリサーチし、ペルソナを設定していきます。
制作開始月よりコンテンツの企画、ライティングといった制作をスタート。御社には制作物のチェックを行っていただき、納品となります。
その後、振り返りと検証のためアナリティクス解析を行い、結果に応じてテーマ設定の見直し・キーワードのすり合わせを行っていきます。2ヶ月目以降は、振り返りや検証によって定められた事項を元に、開始月と同じ流れでコンテンツ制作を行っていきます。

LP_05_14

ペルソナとは簡単に説明すると「具体的な1人のターゲット」を指します。美容系のコンテンツ制作であれば、上記のように項目ごとに具体的なイメージを固め、「ペルソナはどんな人物か?」を明確にしていきます。

F.lightの強み

 

入念なペルソナ設定
安価なコンテンツ制作会社ではペルソナを考慮しないことが多いですが、コンテンツマーケティングにおいて、ペルソナの選定は最も重要なポイントです。
全てのユーザーから共感を得られるのが理想ですが、あくまで理想に過ぎず、現実的とは言えません。全ユーザーにではなく、自社商品・サービスの購入に期待できるユーザーをターゲットにして配信することで、サイトに潜在顧客が増えていきます。また、ターゲットが定まることで自社商品・サービスのPRの方法も決まりやすくなるでしょう。
F.LIGITではコンテンツ制作前にペルソナ設定を行い、ターゲットを絞り込むことに重点を置いています。その上で、そのターゲットに喜んでもらうことを意識して制作するので、効果的なコンテンツを提供することができるのです。
滞在時間流入経路への意識
ユーザーはGoogleやYahoo!での検索を通して、自分の求めている情報を得ようと考えています。
しかし、単純に記事を制作するだけでは、ユーザーのイメージに合ったサイト作りは難しく、すぐに離脱してしまうものです。そのため、コンテンツマーケティングにはユーザー目線での制作が必要になります。アナリティクス解析を行い、ユーザーにとって「本当に有益な情報」だったのかを確認しながら記事制作を行うことが大切になります。
F.LIGHTではアナリティクス解析を用いて「ユーザーが求めている情報」と記事の内容を近づけていくので、高いマーケティング効果に期待できるのです。
社内管理で最適なコンテンツ制作
「世界中のあらゆる情報を整理して、検索ユーザーに最高の情報を届ける」ということをGoogleが推奨していますが、効果の高いコンテンツマーケティングにもこちらへの意識が不可欠です。お客様のニーズを満たせる記事制作を続けていくと、中には5年も10年も読み続けていただける記事も生まれます。しかし、単純にキーワードを盛り込んだだけの記事制作を重ねても、内容・効果ともに薄いコンテンツになってしまいます。
ユーザーのニーズを理解し、どのような記事が読まれているかの把握ができてこそ人気記事は誕生するのです。
F.LIGHTではペルソナや人気記事を共有するために社内管理を徹底しているので、人気記事が生まれやすい環境にあります。

料金
制作数に応じて料金が変動します。
まずは一度、お気軽にお問い合わせくださいませ。

資料請求・ご相談はこちら!