ホーム > 用語集 > ROAS

ROAS

ROASとは?

広告費の1円当たりに得られた売上額、もしくは投資した広告費用の回収率を算出する指標です。広告を利用したことでどれだけの売り上げを生み出したかのかを把握することができます。読み方としては「ロアス」が一般的です。

計算方法は「ROAS(%)=売上金額÷広告費用×100」となります。
広告の費用対効果を示す指標には他にも「ROI(Return on Investment)」があります。

売上があれば「ROAS」、なければ「CPA」を使う?

Web広告の効果測定を行う際に利用される指標には「ROAS」の他にも「CPA(Cost Per Action)」というものがあります。これらの使い分けについて紹介していきます。

・ROAS

ROASは売上金額を用いて計算するため、サイト内で購買活動が完結する場合(オンラインショップなど)は適しているとされています。
一方で、サイト内の行動で売り上げが発生しない場合(転職サイトやBtoBビジネスなど)は、利用することが難しくなります。

・CPA

1つのコンバージョンを達成するためにかかった費用を表す指標です。コンバージョン単価とも言われています。
計算式は「広告費用÷コンバージョン数」となり、主に資料請求や会員登録といったインターネット上だけで購買活動が完結しないサイトに利用される場合が多いです。
反対に取り扱っている商品が複数あったり、価格帯がバラバラであったりするサイトで利用することはあまり適していないと言われています。

資料請求・ご相談はこちら!

この記事に関連する記事