ホーム > 用語集 > ビックワード

ビックワード

サイトウ
告白の言葉が「好き」の一言だと味気ないかな?
えふ太
受付のあの子はモテるから、そんなビッグワードだと言われ慣れてて響かないかもね。
サイトウ
無理にでもSEOにからめたがる

ビッグワードとは

ビッグワードとは、ユーザーからの検索数が多かったり、同じテーマを取り扱ってるコンテンツが多かったりと、「競合性」の高いワードのことを指します。
検索数が多い分、上位表示されれば流入数も一気に上がりますが、既に上位を占めているコンテンツを抜くことができるコンテンツを作ることは難しく、SEO対策においては非効率だと言われているのです。
関連用語に、「スモールワード」「ミドルワード」があります。

ビッグワードの活用には「複合ワード」が欠かせない!

競合性が高いとはいえ、母数の多いビッグワードは多くのユーザーを集客したいWebサイトにとってとても魅力的な存在ですよね。
ビッグワードはSEO対策に全く使えないというわけではなく、「他のワード」と掛け合わせることで、施策として使用することもできます。
その他のワードとは「複合ワード」と呼ばれるもので、ビッグワードと合せて検索されることが多いワードのことを指します。

例)ビッグワードが「介護」だった場合
「介護 東京」「介護 両親」「介護 費用

このように、介護の後ろに付く「ユーザーそれぞれの目的に合わせたワード」を複合ワードと呼び、SEO対策にもよく使用されるワードです。
コンテンツを使用する際のテーマはあえてビッグワードで選定し、この複合ワードを原稿の中にちりばめることで、検索に引っかかりやすくする施策は、現在SEO対策の主流になっていると言っても過言ではありません。

資料請求・ご相談はこちら!

この記事に関連する記事