ホーム > 用語集 > クローラー型検索エンジン

クローラー型検索エンジン

サイトウ
速報だよ!受付のあの子とお近づきになるには、まずはいつも一緒にいるクロ子さんの口利きが必要らしい!
えふ太
クローラー型検索エンジン系女子かあ。サイトウがんばってっ♪

クローラー型検索エンジンとは?

クローラー型検索エンジンとは、別名ロボット型エンジンとも呼ばれる「データベースを元に検索結果を構築、表示する仕組みのことを言います。Web上にあるサイトのページ情報を収集し、日々データベースを更新しながらより最適なコンテンツを探して、検索結果の順位などを変動させています。
現在はGoogleを始め、BingやYahooなどもこのクローラー型検索エンジンを使用しており、一般的な検索エンジン法と言えるでしょう。

クローラー型検索エンジンに読み込まれないと「SEOは始まらない」!?

「クローラー型」と名のつく通り、この検索エンジンはクローラーというプログラムの情報収集によりデータベースを更新することができます。
いわば検索エンジンはとても大きな記憶容量で、クローラーが検索エンジンの手足となり、情報を集めて回っている状態です。クローラーは定期的にWebサイトを巡回するため、ユーザーはより新しいコンテンツや情報を常に見ることができるのです。
つまり、SEO集客のあるコンテンツに育てたいのであれば、クローラーにコンテンツの情報を読み込んでもらい、検索エンジンに存在を伝えて情報を記録してもらう必要があります。
KWで流入を得るにも、サイトのクオリティを検索結果から確認するにも、まずは検索エンジンに記録されて順位付けの対象にならなくてはいけけません。

資料請求・ご相談はこちら!