ホーム > ソーシャルメディア情報 > 商品購入も目的に? Instagramはハッシュタグ検索が鍵

商品購入も目的に? Instagramはハッシュタグ検索が鍵

shutterstock_448558204

世界中でユーザーが増加し続けているInstagram。本来は自分の関心がある写真や動画を楽しむことができるアプリですが、その利用目的はさまざまな広がりをみせています。今やInstagramは、好きな芸能人や風景、動物などのアカウントをフォローし、写真や動画をただ楽しむだけのツールではありません。Instagramを通してユーザーたちは“情報収集”をしているのです。さらに意外なことに、商品購入が目的でハッシュタグ検索をするユーザーも急増しているということが分かってきました。
今や当たり前となった「ハッシュタグ」の特徴と、ユーザーの検索行動についてお話しします。

そもそもハッシュタグ(#)とは

ハッシュタグはTwitterをはじめ、FacebookやInstagramなどのSNS上で投稿された情報を簡単に整理・検索するために利用されているタグです。「#(半角シャープ)」が頭についたキーワード、と言えばほとんどの方がパッと浮かぶかと思います。設定したいキーワードの頭に「#」をつけ、前後にスペースをいれるだけでシステムが自動的にハッシュタグとして認識されるという手軽さから、近年では世界中で普及しています。
このハッシュタグは実に多くの役割を持っており、そのひとつとして「同じ事柄に興味を持っているユーザーに自分の投稿を見つけてもらいやすくなること」が挙げられます。ハッシュタグは自動でリンクがつき、そこをクリックすれば同じタグがついている投稿が一覧で表示されるようになっています。例えば、Instagramで自分の猫の写真を投稿し、「#猫」というハッシュタグをつけておけば、愛猫家のユーザーの検索にひっかかりやすくなるというわけです。
また、多くのSNSは友だち登録やフォローをしたユーザーとのコミュニティ内での交流がメインとなりますが、ハッシュタグによる検索ならそのコミュニティの垣根を越えた繋がりができます。先ほどの例で言えば“猫に興味をもつユーザー同士”という新たな接点や交流が生み出されるということになりますね。

今、Instagramでこのハッシュタグ検索をするユーザーが急増しています。さらに驚くことに、ハッシュタグ検索をするユーザーは「商品購入」を求めている傾向もみられるのです。気になっている、あるいは今すぐに欲しいと思っている商品を、Instagramでハッシュタグ検索するユーザーの目的とは、一体どのようなものなのでしょうか。

ハッシュタグ検索ユーザーの目的とは

株式会社サイバー・バズの調べによると「Instagramにおいてハッシュタグ検索をする」と答えたユーザーは61.5%にも及ぶことが解りました。年代別にみると、20代が82.7%と最も多く、30~40代と比較して若い世代の検索利用率が高いという結果になっています。
また、ハッシュタグ検索をして得た情報を参考にして、商品やサービスなどの購入に至った経験がある」と答えたユーザーは、なんと41.5%もいました。この場合も20代が60.5%と最も多い割合を占めています。

なぜInstagramでハッシュタグ検索をするのかという質問に対し「気になる商品や情報を検索するため」と答えたユーザーが60%を超えます。それ以外では「好きなブランドや商品などの情報を定期的にチェックするため」「友達などが使用しているハッシュタグに興味を持ったから」などの回答もありました。
つまり多くのユーザーは、このハッシュタグを使ってGoogle検索をするのと同様に、必要とする情報を求めて“検索”しているのです。こうした全体傾向を目の当たりすると、Instagramユーザーが商品購入を目的にしてハッシュタグ検索を活用している事実にも頷けます。

また最近では、Instagram投稿を通じて商品やブランドの海外からのファンができ、「これはどこで買えますか?」という情報収集をするユーザーも少なくないようです。中国や台湾を中心に、Instagram内で代行販売をしているケースもあります。こうしたインバウンド需要もまた、Instagramで見られるトレンドのひとつです。

ハッシュタグを活用するポイント

以上お話してきたように、Instagramを投稿・運用するにはハッシュタグの存在が必要不可欠です。InstagramをはじめSNSは、拡散性が魅力のひとつ。ハッシュタグを活用することで、今までより更にエンゲージメント率が上がり、拡散性も増大する可能性が高いのです。

ひとえにハッシュタグといっても、それぞれに人気や投稿数に違いがあります。投稿との関連性の高さはもちろん、アカウント全体で写真や動画に統一感を持たせることも大切なポイントということを覚えておきましょう。
また、ひとつの投稿に利用するハッシュタグの数は「10個以上」ともいわれます。あまり多すぎても良くないですが、既に投稿数の多い人気のハッシュタグは、できるだけ活用したいところです。

あまり馴染みがなく、どんなハッシュタグを選べば良いのか分からないという方のために、以下のような便利なツールも登場しています。InstagramはじめSNSで今後ハッシュタグを活用していく際のお助けツールとして参考にされてはいかがでしょうか。

Instagramハッシュタグ検索ツール『ハシュレコ』

Instagramハッシュタグ検索ツール『ハシュレコ』(notari株式会社)は、Instagramで今おすすめのハッシュタグが検索できるツールです。notari株式会社が提供している『Aista』というInstagramの分析ツールに蓄積されたビッグデータを活用し、タイムリーなおすすめハッシュタグを教えてくれます。

直接的にランディングページに誘導することは難しく、どちらかといえばリアル店舗に誘導するためのブランディング施策が主な役割であったInstagramは、これからはECショップへの誘導の方が相性の良い時代になっていくのかもしれません。

資料請求・ご相談はこちら!