ホーム > SEO > 3分でわかる最低限のSEO対策!絶対必要なポイント

3分でわかる最低限のSEO対策!絶対必要なポイント

3分でわかる最低限のSEO対策!絶対必要なポイントのアイキャッチ

SEO対策と聞いても何をすれば良いのか分からない、という方のために3分で大枠だけ理解してもらうための記事です。まずは実行することが大切なので、ひとまずこれを読んで分かる部分を実行して、詳しいことは後々知っていきましょう。

すべてGoogleのための対策ですが、Google、YahooともにGoogleの検索エンジンを利用しています。なお、優先順位をつけていますが、すべて必須と言える内容です。

ペナルティを受けない【優先順位:最高】

被リンクスパムなどのSEOを行ってペナルティを受けると、どんなSEO対策を行っても効果がありません。ペナルティを解除することは可能ですが、身に覚えがある内容でペナルティを受けた場合は、ドメインを捨ててサイトも新しくすることをオススメします。

タイトルにキーワードを入れる【優先順位:高】

検索してみれば分かりますが、検索したキーワードがタイトルに入っていないことは稀です。狙いたいキーワードは必ずタイトルに入れましょう。キーワードの選び方はGoogleAdwordsなどで確認し、検索されているキーワードを使うことが基本となります。

メタタグを設定する【優先順位:中】

メタディスクリプション(ページの説明文)も検索結果に反映されやすい内容です。こちらにも必ず狙いたいキーワードを入れるようにしましょう。一方、メタキーワードは検索エンジンに確認されていないので効果がありません。

見出しは適切に【優先順位:低】

h2やh3といった見出しは重要度の高い順に配置しましょう。h2が無いのにh3だけ使う、といった使い方はNGです。h2にも狙いたいキーワードを入れることをおすすめしますが、すべて同じキーワードを入れるのはクオリティを下げるため得策ではありません。

自然なサイト構造【優先順位:中】

サイトはツリー構造にしましょう。ただ、階層が深くなりすぎるとページ単位のSEO効果が弱まっていきます。集客に役立つページは階層が浅い場所に設置しましょう。
また、トップページからすべてのページに数クリックでたどり着けるようにしましょう。クリック数が増えるほど、SEO効果が弱まります。

リンクの貼り方【優先順位:低】

リンクは簡潔で説明的なアンカーテキスト(文字リンク)を利用するようにしましょう。画像からのリンクの場合、検索エンジンが何のためのリンクか理解できないため、alt属性に説明を入れておくことが重要です。
基本的にnofollow属性は使用しませんが、コメント欄や掲示板など、サイト管理者が意図しないリンクを貼られる場合にはnofollow属性を入れておきましょう。

モバイル対応【優先順位:中】

検索エンジンはモバイル対応に力を入れていて、モバイル対応サイトを検索上位に表示させやすくしています。モバイルフレンドリーテストを行い、モバイルでも見やすいサイトを心掛けましょう。また、モバイルには表示速度も重要となります。

やってはいけないNG集【優先順位:最高】

ページにnoindex属性を使用する

ページが検索結果に表示されなくなります。

canonical属性の間違った使用

重複ページによる評価の低下を防ぐために「あのページと同じ内容」だということを検索エンジンに伝えるものです。間違って使って「全部同じページ」にしていることが稀によくあります。