ホーム > ECサイト関連情報 > 【ECサイトお悩み解決】ECサイトをスマホアプリ化するメリット・デメリット

【ECサイトお悩み解決】ECサイトをスマホアプリ化するメリット・デメリット

【ECサイトお悩み解決】ECサイトをスマホアプリ化するメリット・デメリットのアイキャッチ画像
スマートフォンの利用が普及し、ネットショッピングでもPCの利用率を上回るようになった今、Webブラウザで閲覧するECサイトだけでなく“アプリ化”をする企業が増えつつあります。スマートフォンのアプリは、「利用率が高い」「読み込み速度が速い」などのメリットがある一方で、「コストがかかる」「更新が手間」などのデメリットも存在します。今回は、そんなアプリ化のメリット・デメリットについて詳しくご紹介いたします。

ECサイトをスマホアプリ化するメリット

・利用率・利用頻度が高い

スマートフォンにおいて、Webサイトよりもアプリの方がユーザーの利用率・利用頻度がともに高いといわれています。その差はWebサイトの約2倍という結果も出ているほどです。(ニールセン調べ)
アプリの利用者は急増し、スマートフォンを利用するのにはまず、検索をするにも入り口はアプリという行動がほとんどのユーザー動向になっています。

・操作が簡単で表示速度が速い

ユーザーの慣れも含め、アプリの操作は簡単で、しかもWebサイトよりも表示速度が速いケースが多いため、ストレスのないネットショッピングを楽しむことができます。サクサクと次への遷移が進むことで、購入意欲も上がる可能性が出てきます。

・アプリダウンロードユーザーのレスポンス率が高い

Webサイトの登録ユーザーに配信するメールマガジンと比較すると、アプリのプッシュ通知はレスポンス率が高いことが明らかになっています。
これまで主流であったメールマガジンはそもそも開封率が低く“読んでもらう”ことがひとつのハードルになっていました。アプリであれば、スマートフォンのプッシュ通知機能を活用し、ポップアップメッセージやバッジ表示をすることが可能です。いつも利用するスマートフォンだからこそ、ユーザーもアクションに至るケースが非常に多いのです。

・アプリアイコンで認知を深める

スマートフォンのホーム画面にアプリのアイコンが出ていることで、ユーザーの視界に入ることが増え、自然と認知を深めることができる可能性があります。ユーザーにとっては無意識のうちに目にしているわけですから、つまりアプリアイコンによってショップやブランドを自然な流れでアピールすることができるのです。

ECサイトをスマホアプリ化するデメリット

アプリをインストールする手間がかかる

アプリ化をした場合、ユーザー側でアプリをインストールしてもらわなければいけない手間はデメリットともいえます。また、アプリ自体の認知をまずしてもらう必要があるため、広告出稿などのアプリプロモーションをするケースがほとんどです。コストの削減をしたいのであれば、まずは既存顧客向けにアプリのプロモーションを行うのが良いでしょう。
また、アプリ自体のプロモーションコストがネックになるのであれば、WebのSEOに強いと言われているレスポンシブデザインもおすすめです。レスポンシブはGoogleの評価が高く、SEO対策において有利なためWebプロモーションがしやすくなる可能性が高いためです。

iOS/Androidなどに合わせた実装が必要

アイフォンの「iTunes Store」や、アンドロイドの「Google Play」など、スマートフォンのプラットフォーム仕様に合わせたアプリの実装が必要になります。同じアプリでも、実装だけではなくアプリ申請の方法や、かかる時間も違ってきます。自社でアプリ開発が難しい場合は、外注してしまうのがおすすめです。

ユーザーがアプリ更新をしなければならない

Webサイトであれば自動で反映されるものも、アプリの場合はアップデートが必要な際にはユーザー側で対応しなければなりません。そのため、突発的なキャンペーンの実施などはタイムリーに対応できないことが多くなります。

アプリ開発にコストがかかる

上述した通り、アプリ化をするにもスマートフォンのプラットフォームごとに開発をしなければならないこともあり、アプリ開発には費用がかかります。手軽に制作・更新ができるWebサイトと比べると、その差は圧倒的にアプリのほうが高いコストになることでしょう。
こうした開発コストが問題でアプリ化ができないといった場合には、Webサイトのレスポンシブデザインがおすすめです。アプリよりも開発の手間が少なくて済む上に、開発コストも安く済みます。プラットフォームごとに開発が必要なアプリとは違い、ひとつのコードで全てのデバイスに対応できる点が魅力です。

「顧客のスマートフォン割合が圧倒的に多い」「メールマガジンの反応が悪い」「ユーザーとの接触頻度を上げたい」などのお悩みを抱えているECサイトには、アプリ化がおすすめです。ただし、頻繁な更新する場合や費用に限度がある場合には、レスポンシブデザインを試してみることで今のお悩みを多少なりとも改善できる可能性があります。
まずはスマートフォンユーザーへの最適化をする上で、自社の抱える悩みは何なのか、改善すべきポイントを明確にしましょう。その上で、スマートフォンをはじめマルチデバイスの時代に合わせた自社ECサイトのプロモーション方法を決定することが大切です。

資料請求・ご相談はこちら!