ホーム > SEO情報 > 同じ記事を複数のサイトに掲載(ミラーサイト)はSEOに悪影響か?

同じ記事を複数のサイトに掲載(ミラーサイト)はSEOに悪影響か?

scrap1

昨年のパンダアップデートより、SEO業界では「スクレイピングサイト」という言葉をよく聞くようになりました。

これは、他サイトよりコンテンツを複製し、そのまま掲載しているサイトの事を言います。

googleは「コンテンツのオリジナリティを重視する」という声明を出していて、こういったスクレイピングサイトの評価を下げるようにしています。

こういうところから、コンテンツを複数サイトで掲載することを非常に嫌がるウェブ担当者の方が増えているように思えます。

 

scrap2

最近多い相談として、「自社サイトに掲載している情報をそのままブログに転載しても大丈夫なのか?」という質問があります。

コンテンツをコピーすることになるので、サイトの順位が低下しないかどうかを心配しているのだと思いますが。これは問題ございません。

あくまで、「複製コンテンツだけを多数掲載しているサイト」の事をスクレイピングサイトというので、ブログなどでオフィシャルサイトの情報を抜き出すのは上記に該当しません。

 

scrap3

「同一コンテンツを多数サイトで掲載されるとランキング低下を招く」と考えている人は多くいますが、むしろ逆にランキングが上昇するケースの方が多くあります。

悪質なコピーサイトを乱立させるのがペナルティを招くのは勿論ですが、適切なサイトで適切にコンテンツを”紹介”するのであれば、上質なリンクとして扱われて、掲載順位にプラスに働きます。

その最たる例として、「プレスリリース」があります。

プレスリリースは企業の「最新情報」というコンテンツを、多数のサイトに掲載することになりますが、それがペナルティになるという事はありません。

ですので、必要以上にコンテンツの複製を怖がらず、良質なコンテンツがあれば適切なサイト(オフィシャルブログ等)で紹介するといいでしょう。

資料請求・ご相談はこちら!