ホーム > 用語集 > CPC(クリック単価)

CPC(クリック単価)

CPC(Cost Per Click)とは?

CPC(Cost Per Click)は「クリック単価」を意味するネット広告用語です。
ひとことで説明すると「1クリック獲得するために要する費用」を意味します。
Webページに掲載された広告をユーザーがクリックし、該当サイトにアクセスがくることで、広告主に課金されるというシステムです。
リスティング広告など、いわゆるクリック課金型広告(PPC広告)の運用で使われる言葉です。

CPCの計算式は以下の通り。
CPC=広告費÷獲得したクリック数

1,000クリックを獲得するために20万の広告費を要した場合ですと、CPCの値は200となります。200円で1クリック獲得できたという計算です。

CPCは施策が「アクセスにつながっているか」を確認する指標

CPCは広告などの施策が、効率的にアクセスにつながっているかを確認する指標となります。CPCが高い場合、効率的にアクセスを獲得できていないと判断できるので、その広告の見直しが必要になるかもしれません。
ただし、CPCはあくまで「アクセス」における指標です。成果・利益の効率性や施策の良し悪しを判断する場合、CPC以上にCPAの確認が欠かせません。

資料請求・ご相談はこちら!