ホーム > 用語集 > LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)

サイトウ
広告が嫌われる昨今において「CVに特化したページをつくりたい!」という考えを持つのは野暮かい?
えふ太
そんなことないよ、LPをご存知?

LP(ランディングページ)とは?

LPとは「ランディング(着陸、着地する)」という意味で、Webサイト内でユーザーが最初に訪問したページとなります。外部サイトや検索結果から着地したページを指す言葉ですが、Web業界では違う意味を持って使われるケースが多いです。
それは「コンバージョンに直結しやすい1ページで完結するコンテンツ」のこと。
集客として有効な縦長の長いページのことを「LP」と呼びます。

LPはなぜコンバージョン対策に有効なの?

LPを作成することで得られる主なメリットは以下の3つ。

  • 他のページを回遊しなくても購入ページまでユーザーを誘導できる
  • ユーザーに利益のある情報と商品情報を同時に提供できる
  • 同じ商品を求めるユーザーでもアプローチ方法を変えることができる

LPは1ページに情報を要約するため、ユーザーが訪問してそのまま購入へ直結することを目的として作成されるケースが多いです。
そのため「集客」をメインの目的とするSEO対策とは少し路線を変え、訪問してきたユーザーを確実にコンバージョンへ落とし込むための施策を測ります。
1つの商品を購入したいユーザーでも、その理由は1つとは限りません。
「ギフト用のお菓子」を販売するサイトであれば、「会社の用事で渡すビジネスマン」「季節の行事で親戚に渡したい主婦」「結婚式で使用したい夫婦」など、さまざまなターゲット層が居ますよね。そのターゲット層にフォーカスを当てたLPを複数作ることで、よりコンバージョン率を上げることができるのです。
集客も必要なので、SEO対策とLPは平行して行うと良いでしょう。

資料請求・ご相談はこちら!

この記事に関連する記事