ホーム > 用語集 > ロングテール

ロングテール

サイトウ
ん? このコンテンツ、ニッチなキーワードなのに地味にアクセス数は衰えないなあ……
えふ太
ロングテールキーワードの場合、爆発的な飛躍はしないかわりに安定したアクセス数を保つんだよね。推移のグラフが名前の通り“長いしっぽ”に見えるのが特徴だよっ

ロングテールとは?

ロングテールとは、複数のキーワードを組み合わせることで、「流入数」よりも「流入するユーザーの質」を意識してSEO対策を行う方法のこと。
コンバージョンに近いユーザーを囲いたい際にはロングテールを使って、少数でもターゲットに近い層を囲うWebサイトも多くあります。
ロングテールは安定的な集客を行うためにも効果的な施策と言え、コンバージョンに近い層を長期的に囲うための施策、とも言えるでしょう。

「組み合わせ」で変わるロングテールの魅力

ロングテールは複数のキーワードを組み合わせてコンテンツを作成します。
そのため、キーワードの組み合わせを変えることで、Webサイト内で持つさまざまなコンバージョンへ繋がりやすいコンテンツを作成できるのです。

例えば、ネット通販のサイトが「ネックレス購入」をコンバージョンとする場合。
「ダイヤモンド」と「ピンクゴールド」の2つのネックレスの購入者を増やしたいとします。
「ネックレス ダイヤモンド」「ネックレス ピンクゴールド」の2つでコンテンツを作ったとすると、キーワード自体のボリュームは多いのでより多くの集客を集めることが期待できるのです。しかし、この数多い流入の中にはコーディネートを知りたかっただけの人、価格相場を知りたかった人など、購入以外の目的で検索をかけた人も居ます。
そのため、流入をしてもコンバージョンに繋がる可能性は低くなるでしょう。
ロングテールは「ネックレス ダイヤモンド 安い」「ネックレス ピンクゴールド 送料無料」など、より絞ったキーワードでコンテンツを作成するため、より購入を検討している人を囲いやすくなるのです。

資料請求・ご相談はこちら!

この記事に関連する記事