ホーム > 用語集 > スモールワード

スモールワード

サイトウ
「大小のうちどちらかを選べ」って、雀の恩返しっぽいね。おじいさんはよりニッチなキーワードを選んで成功したわけだ。
えふ太
スモールワードとビッグワードのこと? その例えはちょっと誤解を招きそうだからやめようね。

スモールワードとは?

スモールワードとは、ユーザーからの検索数が少ないワードのこと。
SEO施策において強化したいワードを選定するときに、よりフォーカスを当てたもので確実な集客を狙うために使うことが多いです。
関連用語には「ビッグワード」や「ミドルワード」などがあります。

スモールワードを意識した施策はどう効果的なの?

Webサイトごとに取り扱うコンテンツはさまざまですが、中には「ニッチな情報」を配信するためにターゲット層を絞ってSEO対策を行いたい場面もあるでしょう。
例えば、コスプレイヤーをターゲット層に衣装を販売したいサイトがあるとします。
ユーザーからの購入をコンバージョンとしたいのであれば「コスプレ 衣装 ○○(キャラクター名)」などとあえてワードを限定することで、より購入へと近いユーザーへアプローチすることができるのです。
大きい括りで「コスプレ」「衣装」「○○(キャラクターの名前)」と検索する人の多いワードを狙うよりも、より情報を必要としている人に見てもらえる機会が増えますよね。

このように、スモールワードのメリットは下記のようなものが挙げられます。

  • ターゲット層を絞っている分、コンバージョンに繋がりやすい
  • 競うコンテンツも限られてくるので、検索結果で上位に上がりやすい

商材やWebサイトの目的によっては向き不向きはありますが、ユーザーを的確に囲いたい施策においてはメリットが大きいと言えるでしょう。

資料請求・ご相談はこちら!