ホーム > 分析ツール > これで無料? 競合他社サイトの比較・分析に最適なツール6選+2

これで無料? 競合他社サイトの比較・分析に最適なツール6選+2

マーケティングを行う上で、競合他社のWebサイトは良い参考書となります。

今回は僕が使用しているツールの中から、競合他社サイトと分析して自社サイトと比較できるツールをご紹介します。アクセス解析といった大枠から、項目ごとに注視できるものまで、無料でも十分使用できるツールです。

ネットには便利なフリーツールが沢山あるので、どんどん活用していきましょう。

そもそも競合サイトが分からない時は「MORE SITES LIKE」

MORE-SITES-LIKEの検索ページ

MORE SITES LIKEは、URLを入れて検索すると競合他社サイトを表示してくれるツール。

業界に詳しいWeb担当者であれば必要ないツールではありますが、新規参入する業界であったり、まだ業界に詳しくない場合に役立ってくれます。

検索するURLによっては精度が粗いこともありますが、競合他社があまり思いつかない時には、まずここでチェックしてみましょう。

新たに競合他社が増えていないかのチェックにもなります。

MORE SITES LIKEはこちら

競合他社のアクセス状況を丸裸にする「SimilarWeb」

SimilarWebの検索ページ

競合他社のアクセス解析としてもっとも有名であり、もっとも情報が揃うのがSimilarWeb。

有名なのはツールが優秀で、使い勝手が良いことが大きな要因でしょう。競合他社のトラフィックを確認できる簡易版Googleアナリティクスのようなものです。

調べられる情報としてはセッション数や滞在時間、トラフィックの流入経路、リファラーなどなど多岐に渡ります。どのような情報から調べ始めれば良いのか分からなければ、ひとまずSimilarWebを使っておけば間違いありません。

SimilarWebはこちら

競合他社サイトの基本情報を抑える「SEOチェキ!」

SEOチェキ!の検索ページ

SEOチェキ!というツールを使えば、競合他社サイトを分析する上で最低限抑えておきたい情報が揃います。

ページランクやインデックス数など、集客に明確な違いが出る項目が表示されます。そのため、SEOチェキ!を使用して判明した差をすぐに埋めるのは難しいでしょう。ビッグワードは狙わずロングテールに切り替えるなど、戦術の変更を検討しましょう。

簡易的な検索順位チェックや、キーワード出現率チェックも行えます。被リンク数に関しては正確なものではなく、Googleでの「link:」検索での出現数になります。

SEOチェキ!はこちら

今なお重要な被リンクをチェックするなら「Ahrefs Site Explorer」

Ahrefs-Site-Explorerの検索ページ

先月「ペナルティのリスクがあるだけで、被リンクSEOは効果がある」という記事を書いたように、被リンクは今でもSEOの重要な指標となっています。

その被リンクの概要と詳細を確認できるのが、Ahrefs Site Explorerというツールです。不自然に被リンクが多いようであれば、ブラックハットSEOを行っている可能性が考えられます。

被リンクというブラックハットSEOそのものは推奨しませんが、競合他社と比べて被リンクが少ないのであれば増やすための方法を模索することも重要となります。

Ahrefs Site Explorerはこちら

競合他社サイトの権威性を分析する「Open Site Explorer」

Open-Site-Explorerの検索ページ

Open Site Explorerは、ドメインやページのオーソリティを表示するツール。

ドメインやページには「オーソリティ(権威)」というものがあります。オーソリティは類似した情報を配信するサイトから被リンクを得ているか、の指標となります。ページランクとは違う指標であるため、ページランクは高いがオーソリティは低いというサイトもあります。

例えば、同じ医者なら「医者から推薦されている医者」の方が良質である、という考え方です。

Googleが優先するのが良質なものであるのは言うまでもありません。他のツールで違いがハッキリしない場合には、オーソリティもチェックしてみましょう。

ただ、このツールはGoogleの評価を表示するわけではないので、あくまでも目安程度に考えておきましょう。

Open Site Explorerはこちら

キーワードごとの検索順位を自動チェック「GRC」

GRCのツール紹介ページ

GRCはドメインとキーワードを登録しておくことで、毎日検索順位をチェックしてくれるツール。

起動しておけば自動的にチェックしてグラフにしてくれるので、チェックした瞬間以外のデータを確認することもできます。

無料版でも3URL使えるので、競合他社と比較したいキーワードを登録しておけば、検索順位の比較が容易に行えます。ブラウザ上ではなくダウンロードして起動させておく必要があるため、常時立ち上がっているPCや社内サーバーなどに入れておくと使い勝手が良いです。

GRCのダウンロードはこちらから

プラスα:大きなトラフィックの変動があれば「Wayback Machine」

Wayback-Machineの検索ページ

Wayback Machineは、URLからドメインの過去のサイト状況を確認することができるツール。Googleのキャッシュなどに残っていないような数年前のデータなども残っています。

競合他社サイトのトラフィックに大きな変動があった場合には、どのような変化があったのか現在と過去のWebサイトを比較してチェックすることができます。

Wayback Machineはこちら

プラスα:怪しいサイトがあったら確かめたい「aguse.」

aguse.の検索ページ

ペナルティを受けそうなやり方をしている競合他社サイトがあるなら、aguse.でドメインの状況を確認してみましょう。ドメインエイジやサーバー情報などの他に、ブラックリスト入りしていないかを確認することができます。

ブラックリスト入りしてペナルティを受けている(もしくは受けていた)のであれば、他の競合他社サイトよりもSEOで上位表示されにくいことになります。基本的にはあまり使用しなくても良いツールです。

aguse.はこちら

まとめ

競合他社サイトと自社サイトを比較分析することは、自社サイトの改善点やWeb上での戦略・戦術を見つけることに繋がります。

今回紹介したのはいずれも無料から使える優れたツールです。

自社サイトのトラフィック向上のため、ぜひ一度試してみてください。

 

個人アカウントですがtwitterをやっていますので、よろしければフォローをお願いいたします。

他のツールの紹介や、ツールの使い方など、メッセージいただいたものは反映していければと考えております。

鈴木のtwitterアカウントはこちら