ホーム > サイト構築情報 > Webフォントを使用するメリット・デメリットを再確認してみた

Webフォントを使用するメリット・デメリットを再確認してみた

shutterstock_278889557

Webフォントは、Webデザインやホームページなどの制作現場で使われている最新技術の一つです。導入することでメリットが得られる一方で、表示速度が遅くなるなどの欠点も知られています。ただし、こういった欠点は日々改善されてきていることも事実です。

本稿では、Webフォントメリットやデメリットについてまとめています。Webフォントも日々改良されているので、その欠点も改善されてきています。Webの運営や制作に携わる担当者の方に、ぜひ参考にしていただければと思います。

Webフォントとは?

本題に入る前に、Webフォントとはどういったものなのか簡単に復習してきましょう。

Webフォントとは、インターネットを介してフォント情報を取得する技術のことを言います。ユーザーの端末に依存することがないので、端末を選ばずに思い通りのデザインでページが表示できるようになります。

Webフォントは、CSS3から使えるようになった比較的新しい機能です。利用するには、ページのレイアウトやデザインを担っているCSSファイルを使います。

Webフォントの特徴とメリット

Webフォントを使うことで、どんなメリットが得られるのでしょうか?代表的な特徴とメリットについてまとめました。

デザインが崩れない

Webフォントを使うと、ページのデザインが崩れにくくなります。端末を選ばずに、正しいフォントで表示されるようになることが理由です。

従来は、ユーザーが使っている端末に指定したフォントがないと、意図しないフォントで表示されてしまう問題がありました。Webフォントはネット上からフォント情報を取得するので、端末に依存せずに、正しいデザインでページが表示されるようになります。

SEOに強い

先ほど、従来は意図しないフォントで表示されてしまう問題があると述べました。この問題を防ぐために、画像にテキストを含める代替策がとられてきました。Googleなどの検索エンジンは画像の中身までは読めないので、これではSEOに弱くなってしまいます。

Webフォントを使うと、こういった画像をテキストに置き換えることができます。検索エンジンもページをクロールしやすくなり、SEOにも良い影響があるのです。

スマホ対応しやすい

従来は画像を使っていたことから、端末に応じて別々に画像ファイルを用意する必要がありました。これでは制作コストもかさみますし、メンテナンス性も低くなってしまいます。

一方で、Webフォントではこういった画像は必要なく、指定されたCSSスタイルに従ってテキストが配列されます。レスポンシブなどのスマホ対応もしやすくなりますし、制作や保守管理にかかるコストも抑えられます。

Webフォントのデメリット

次に、Webフォントのデメリットについてご紹介します。Webフォント技術の進歩によって、現在ではかなりWebフォントは使いやすくなってきています。その点についても、併せて解説していきましょう。

表示速度が遅くなる

Webフォントの導入を考える際に、大きなハードルになっているのが表示速度の問題です。Webフォントを使うと、ネットからフォントファイルをダウンロードするので、その分だけページの表示が遅くなってしまう可能性も否定できません。日本語フォントなど、大きなものだと数MBほどのサイズになっています。

ただし、近年ではこの問題はかなり解消されてきています。理由は大きく2つ。1つは、通信環境が整備されてきたこと。もう1つは、Webフォントの提供会社が対策をしてきていることです。ページで使っているフォント情報だけ部分的にダウンロードすること(Webフォントのサブセット化)で、表示速度の劣化がかなり防げるようになってきたのです。

日本語フォントが少ない

Webフォントは、日本語で使えるフォントが少ないと言われてきました。確かに欧文フォントと比較すると大幅に数は少ないのですが、大手のWebフォントサービスも日本語への対応を進めています。有名なところでは、GoogleがAdobeと共同開発したNotoのWebフォント版、Noto Sans Japaneseがあります。

料金が掛かる

Webフォントを提供しているサービスには、従来のフォントと同じく有料のものが多いです。PVに応じた従量課金制のサービスもあるので、利用方法やサイトの規模を考えながら、最適なプランにする必要があります。

ただ最近では、無料の日本語フォントも徐々に増えてきています。コストを抑えつつWebフォントを使うこともできるので、上手に使っていくようにしましょう。

あとがき

ご紹介したように、Webフォントを導入することでさまざまなメリットが得られます。Web戦略にとっても、Webフォントは効果的な施策になってくれることでしょう。

資料請求・ご相談はこちら!

この記事に関連する記事